健康BMI
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定秘密保護法案の目指すもの・・・

DSC_1447ss.jpg 
高槻市市役所前の広場を埋め尽くす秘密保護法反対の集会



正念場を迎えた特定秘密保護法案の成立、何でそんなに急ぐの?と思ったら

来春4月頃アメリカのオバマ大統領が訪日すうるそうです。そのためにオバマ

大統領のポチとしての安倍総理は、どうしても今国会で特定秘密保護法案を

成立させてオバマ大統領に尻尾を振って寄り添って、褒めて貰おうという魂胆。

と言うのも昔アメリカの最新鋭戦闘機の購入を打診したら「日本はすぐ秘密が

バレるから挙げないよ!」と言われたのがトラウマになっているようで、「今回

は秘密はバレませんので、お互い安心して秘密を共有しましょう」と言ったかど

うか・・・とにかく日本の歴代の総理大臣は自国の国民よりアメリカ大統領の方

を向く傾向にあるようです。最近の例では東日本大震災で原発事故の際の緊

急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム (SPEEDI)のデータを日本国

民より先のアメリカに提供していたんですから、推して知るべしです。

しかしこうして一生懸命尻尾を振ってアメリカのご機嫌をとっても、多分アメリカ

は重要な情報はそうやすやすと渡さないでしょう。

この法律のもう一つの目的は、言論統制を強いて、政治家や官僚の悪性を批

判させないためのツールなのです。ジャーナリストの横田一氏は言う「ー略ーつま

り官僚は都合の悪いことを隠すのです。そんな官僚に秘密保護法を持たせたら、

なんでも秘密にされて、ゴマカシが増える。隠蔽も改ざんも官僚のやりたい放題

になるのは間違いありません」(日刊ゲンダイ12月6日号より)。


今日(12月5日)の朝日新聞「またも深まらぬ議論」と言う囲み記事で岡本智記

者名で「~略~数日前、知り合いの官僚と食事をした。いかに危険な法案(秘密

保護法案)か熱弁をふるう私に、彼はポカンとした表情を浮かべた。「日々の仕

事に追われて、そんなことを考える暇はないですよ」懸念が解消されないまま法

案が成立すれば、多忙な官僚が秘密指定に関わる作業を日常業務として淡々

とこなしていくかもしれないーーー。背筋が凍る思いがした。ー以下略ー」


一般紙を見ると年末の旅行が増えたとか、ボーナスが上がったとか中小企業の

貸出が増えたとか、連合は14年春闘で5年ぶりにベースアップを要求とか、景気

の良い文言が踊っていますが、実態はサラリーマンの給与は3日公表の毎月勤

労統計調査10月分は給与こそ26万7167円と前年同月比0.1%増だったが、

基本給は0.4%減の24万2153円。昨年まで7年連続で減り続けて、今年もマイ

ナス。8年連続の基本給は減り続けています。給与も実質賃金もマイナス。中小

企業を対象に賃上げ調査のアンケート調査をしたら、9割の企業が賃上げできな

いと回答したそうです。アベノミクスの恩恵を受けるのは輸出中心の大企業だけ

で庶民は生活の苦しさは増すばかりである。

こんな実態を隠して景気回復を報道するのは戦時中の負け戦を勝ったと嘘の報

道を強要した大本営発表を思い起こします。




「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」。なんと崇高な

文言ではないですか。これ公明党立党の精神だそうです。今回の秘密保護法

案の成立に大きな役割を果たした公明党、一体この立党の精神はどうしたの

かと問いたい。公明党が今回この法律の成立に大きな役目を果たしたこの法

律はどう考えてもこの立党の精神に相いれません。権力の中枢にいて権力の

甘い汁を吸ってすっかり権力ボケした公明党は日本の政治史にヌエ政党として

名を残すことになるでしょう。元々対して期待もしていませんでしたが・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

toko0124

Author:toko0124
「TREASURE BOX」命名の由来:森羅万象この自然界・人間社会には美しい現象・風物は数々存在しますが、一方では打ち捨てられ・朽ち果てた風物・人間もまた数多く存在するのも事実です。このブログではそんな朽ち果て・打ち捨てられた事物を、同じように打ち捨てられた社会のゴミのような存在である私が拾い上げてアップしていきます。そんな中からキラッと光る宝物を見つけて頂いたら幸いです。1月4日「DUST PAN」改め「TREASURE BOX」に変更しました。

住まいは大阪北の端島本町に住んでいます、ここは京都を隣に控えているためもあり、いろいろ歴史的な遺跡が多数あります、メタボ克服のため連日デジカメ片手にそんな風景を撮りながら歩いています。また年に数回故郷岩手県の遠野に帰省し、時には民話のふるさと「遠野」の風景もご案内します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。