健康BMI
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死文化する労働基準法・・・


P9141528_20130930212717828.jpg   
故郷の秋の風景




労働基準法第一章総則
(労働条件の原則)
第一条 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むたの必要
を充たすべきものでなければならない。
②この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働
関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはなら
ないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。
(労働条件の決定)
第二条 労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定
すべきものである。
②労働者及び使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を尊守し、
誠実に各々その義務を履行しなければならない。ー以下略ー

いまやこの働く労働者の権利を誇らしく謳った労働基準法も風前の灯

です。安倍首相は10月15日より始まる臨時国会に「解雇特区法案」

を提出するそうです。この法案は、いろいろ条件はありますが早く言え

ば企業に気に入らない労働者はドンドン解雇して良いですよ!企業に

解雇自由のお墨付きを与える飛んでもない法案です。この構想は「産

業競争力会議」が進めているもので「労働基準法」や「労働契約法」に

規定を特区内に限って緩める内容です。例えば遅刻をしたら「解雇」と

約束して、実際に遅刻をしたら即解雇です。特区構想は、対象を大都

市に事務所を構えるベンチャー企業に限定するとして一定の歯止めは

されていますが。いずれ拡大解釈で日本全国に「解雇特区」になるブラ

ック企業が蔓延ることが目に見えています。

安倍内閣は解雇特区を作れば企業が従業員を雇いやすくなり、雇用が

増えると言いますが。当たり前でしょう、不要になったら自由に解雇して

も良いですよ。と言われたら、企業は願ったりとドンドン雇い、ドンドン

解雇するでしょう。

この法案を影で強力にプッシュしているのが、小泉内閣で市場原理主

義で自由競争社会を提唱した、アメリカかぶれの経済学者竹中平蔵で

す。しかしどんなに企業を儲けさしても内部留保に溜め込むだけで、労

働者に還元しない事は歴史が証明しています。

日本のGDPの6割は個人消費が個人消費が支えています。当然労働

者の賃金が増えなければ、景気は上向かないです。それなのに安倍首

相は消費税で増税で国民から8兆円も吸い上げ、社会保障を削り、年

金を減らしながら一方では大企業の法人税・震災の復興増税を減税し

ているからやる事がアベ(安倍)コベです。

それにしても最近の労働組合は何をしているんですか?

絶対にこんな「解雇特区」の導入などは許してはいけません、こんな時

こそ労働組合がストライキでも起こして立ち上がらないと良くならないと

思いますが、目を覚ませ!労働組合よ!




堺市市長選で竹山修身氏が当選で、橋下大阪市長率いる西林克敏氏を

叩き落としたのは久しぶり溜飲を下げました。投票率50%弱の中での勝

利、その上58000票もの大差での票差は完璧な勝利でした。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

toko0124

Author:toko0124
「TREASURE BOX」命名の由来:森羅万象この自然界・人間社会には美しい現象・風物は数々存在しますが、一方では打ち捨てられ・朽ち果てた風物・人間もまた数多く存在するのも事実です。このブログではそんな朽ち果て・打ち捨てられた事物を、同じように打ち捨てられた社会のゴミのような存在である私が拾い上げてアップしていきます。そんな中からキラッと光る宝物を見つけて頂いたら幸いです。1月4日「DUST PAN」改め「TREASURE BOX」に変更しました。

住まいは大阪北の端島本町に住んでいます、ここは京都を隣に控えているためもあり、いろいろ歴史的な遺跡が多数あります、メタボ克服のため連日デジカメ片手にそんな風景を撮りながら歩いています。また年に数回故郷岩手県の遠野に帰省し、時には民話のふるさと「遠野」の風景もご案内します。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。