健康BMI
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなんで「お・も・て・な・し」出来ますか?

P9140053as.jpg   
近江八幡市の夜景を八幡山頂上のロープウェイ乗り場より望む




安倍内閣の支持率が東京オリンピック招致が決まった途端、4ポイ

ントアップの67%(読売新聞)だったそうです。これと言うのもメディ

アが政府と一緒になって連日IOC総会での日本の最終プレゼンテ

ーションの様子をこれでもかと言うほど放映して煽り、その上安倍首

相自らテレビで「オリンピックは夢と希望だ。経済は第四の矢だ」と日

本経済にバラ色の未来が待っているかのように宣伝する、こんなん

で浮かれて高支持率を与える国民にほくそ笑む安倍首相の高笑いが

聞こえてくるようです。

しかし安倍首相自ら完全にコントロールされていると自信満々に言い

切った福島原発の放射能を帯びた汚染水問題はコントロール不能な

ほど益々深刻化しています。

ドイツのキール海洋研究所は汚染水問題が露呈する前から、セシー
      クリック↓
ム137が太平洋に拡散する様子をシミュレーションして、公表してい

ます。それによれば、2014年~2015年頃には福島原発の放射能

が米国西海岸に達するそうです。もっと最悪な事に2020年の6月よ

り福島原発4号機の核燃料棒の取り出し作業が始まる予定だそうで

す。ナント東京オリンピックの始まる一ヶ月前です、具体的な手段、手

順は何も分かっていないそうで、最悪の事態が予想されます。

どこを見てもこんな時に世界各国からお招きして”お・も・て・な・し”等

出来るとは思えません。万が一重大事故等が起きたらそれこそ日本は

終わりです。こんな状態では最悪の場合世界のアスリートがボイコット

する事も予想されます。




神戸新聞今月の11日に原発の電気設備を専門にする技術者で、東

電の3次下請けで40年間勤めた木下聡さんが、事故当時の様子を詳

細に語った話が「福島第一で被災 元従業員の遺言」として掲載され

ています。それによると、地震発生当時木下さんは第一原発の1号機内

で作業していた。「老朽化が進んでいた無数の配管やトレーが天井から

バサバサお落ちてきた」と言う。東電は未だもって全電源喪失と地震の

揺れとの因果関係は認めていないが木下さんは「内部はすざましい破

壊ぶりだった」「あれだけの破壊で無事なんてありえない」と疑問を呈し

て地震との関連を指摘しています。当時、4階にいた作業員は「水が大

量にゴーッと襲ってきた」と話していたそうで、それが使用済みプールか

らなのか、非常用復水器が壊れたからなのかはわからないが、津波が

来る前に、地震の揺れで内部はグチャグチャになっていたそうです。そも

そも1号機の老朽化は激しく。定期検査で交換するのは重要機器だけで、

周辺の装置はそのまま。「追加追加でどんどん配管を増やし、耐火構造

にするために防火材を塗りつけるから、重量は半端じゃなかった。設計

基準を大幅に超えていたはず」

こんな話を聞くと福島原発にはまだまだ隠された謎が一杯、これでは他

の原発の再稼働とてもじゃないが許すわけにはいきません!

この話をした木下さんは40年間勤めた原発関連の仕事を昨秋退社して、

これからのんびり暮らそうとした途端、病が再発して今年の8月5日に亡

くなったそうです。享年65歳  ご冥福をお祈り致します。


安倍首相本日19日福島原発視察にいくそうですが、大勢の政府関係者・

SP・マスコミ等を従えてくるため現場は何かあってはいけないと作業中断

してお迎えするそうですが、現場の作業員は「アピールのために来るのは

辞めて欲しい、視察に来ても作業の邪魔になるだけで、現状が改善される

わけではない。大迷惑だ!」怒っています!


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

toko0124

Author:toko0124
「TREASURE BOX」命名の由来:森羅万象この自然界・人間社会には美しい現象・風物は数々存在しますが、一方では打ち捨てられ・朽ち果てた風物・人間もまた数多く存在するのも事実です。このブログではそんな朽ち果て・打ち捨てられた事物を、同じように打ち捨てられた社会のゴミのような存在である私が拾い上げてアップしていきます。そんな中からキラッと光る宝物を見つけて頂いたら幸いです。1月4日「DUST PAN」改め「TREASURE BOX」に変更しました。

住まいは大阪北の端島本町に住んでいます、ここは京都を隣に控えているためもあり、いろいろ歴史的な遺跡が多数あります、メタボ克服のため連日デジカメ片手にそんな風景を撮りながら歩いています。また年に数回故郷岩手県の遠野に帰省し、時には民話のふるさと「遠野」の風景もご案内します。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。