健康BMI
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が北朝鮮のようになる・・・?

日本が北朝鮮のようになる?そんなバカな!

と、大多数のお思いになるでしょうけど、日清

戦争(明治27年1894)日露戦争(明治37年

1904)と二度の戦争でも自由民権運動の盛

んだった明治末期、天皇暗殺を企てたとし大

逆事件(明治43年1910)で幸徳秋水等が逮

捕された時も多くの知識人は自分には関係無

いと思っていたそうですが、やがて軍部が力を

持つようになると多くの良心的な知識人は迫害

を受けて、国会は大政翼賛会となって形骸化し

て日中戦争から太平洋戦争へ進んで行きまし

た。そんな歴史を忘れてはいけません!

この憲法改正の一番の目的は、世界の平和と

秩序?守ると言う大義名分で日本の軍隊がア

メリカ軍と一緒に世界に行って戦争する事です。

それと憲法上は象徴だった天皇を名実と共に

元首にする事です。戦前回帰です。




先日知人に誘われて弁護士松本七哉先生より

憲法の話を聞く機会に恵まれました。
実は皆さ

んは既にご存知の事と思いますけど、実は憲

法って権力制限規範の精神
で一般国民を縛る

物ではなく、逆に権力者の権力行使を制限す

るものなんです。
「市民の皆さん基本的人権を

守りましょう」と言う呼びかけは正しくなくて権力

を行使する人にこそ守って欲しいものです。これ

は戦前の権力者の起こしたあの
悲惨な戦争で多

くの国民が塗炭の苦しみから学んで作られた憲

法なのです。
ですから憲法は国民が社会生活を

営む為の法律を作る規範になるものです。その

為に権力者の思惑で簡単に替える事が出来な

いように、憲法第96条でこの憲法
の改正は、各

議院の総議院の三分の二以上の賛成で、国会

が、これを発議し、国
民に提案してその承認を得

なければならない。この承認には、特別の国民

投票又
は国会の定める選挙の際行われる投票

において、その過半数の賛成を必要とする。

として権力者の思惑でそう簡単に替える事が出

来ないように縛りをかけています。
処が自民党安

倍政権や一部の野党・知識人でどうにかして憲法

を自分達の思いの
ままに変えようとして蠢く連中が

います。そこで彼等は考えた変えるために一番


ネックになっているのがこの96条、この96条をも

っと緩くして変えやすく
しようと策動しています。彼

等の憲法改正草案にはこうあります。第百条この

法の改正は、衆議院又は参議院の議員の発議

により、両議院のそれぞれの総議員
の過半数の賛

成で国会が議決し、国民に提案してその承認を得な

ければならない。
この承認には、法律の定めるところ

により行われる国民の投票において
有効投票過半

数の賛成を必要とする。とあります。現憲法では三分

の二以上と具体的な数
値で明示しているのにこの改

正案では過半数と曖昧な数値で変えられています。

では彼等は憲法の何を変えようとしているのか?現

憲法では第二章戦争の放棄で
第9条に日本国民は、

正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、

国権の
発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の

行使は、国際紛争を解決する手段と
しては、永久に

これを放棄する。

②前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の

戦力は、これを保持しない。国
の交戦権は、これを認

めない。

どうですかこの格調高い文章、戦争で焦土と化した国

土・そして多くの国民が悲
嘆に呉れ、希望を失いかけ

ている時に、この法律は多くの国民に希望を与えた事

と思います。この法律のお陰で戦後65年一度も日本

は戦火にまみえた事がなく、
奇跡的な経済復興を遂げ

ました。

ところが彼等の改正憲法案では、第9条日本国民は、

正義と秩序を基調とする国際
平和を誠実に希求し、

国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇

又は武力
の行使は、国際紛争を解決する手段として

は用いない。

2、前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものでは

ない、
これに次の(国防軍)と言う項目が設けられまし

た。
第9条の二 (略)

2、(略)

3、国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するため

の活動の他、法律の定めるとこ
ろにより、国際社会の

平和と安全を確保するために国際的に強調して行われ

る活動及
び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しく

は自由を守るための活動を行う事ができ
る。これ以外

に(4)(5)に於いて国防軍の秘密保持についての規定

があり、これ
に違反した軍人・公務員を裁くために審判

所を国防軍に置く規定が書かれています。
早い話が戦

時中の軍事法廷です、
國民にとって不利益になる事を

公務員又は軍人が
マスコミ等を使って公にした場合に

罰せられると言う事です。

また現行の法律には 

第三章国民の権利及び義務として

第十条日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

第十一条国民は、すべての基本的人権の享有を妨げ

られない。この憲法が国民に保障す
る基本的人権は、

侵すことのできな永久の権利として、現在及び将来の

国民に与えられる。

第十二条では、国民に自由及び権利を与えるが、公

共の福祉のために利用する責任を述べ
ています(以下略)。

第十三条ではすべての国民の自由・幸福の追求する権

利は、公共の
福祉に反しない限り最大の尊重する旨が

記載されています(以下略)。

しかし改正案では新たに(国民の責務)として第十二条こ

の憲法が国民に保障する自由及
び権利は、国民の不断の

努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫

用し
てはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うこ

とを自覚し、常に公益及び公の秩序
に反してはならない。

(筆者注)この公の秩序・公益というのは非常に曖昧ですね・・・

また現行の憲法においては第二十一条で集会・結社及び言

論、出版その他一切の表現の自
由は、これを保障する。

(筆者注)たったこれだけで表現の自由を保障していますが・・・

改正案ではこの第二十一条はそのままで、2項として前項の

規定にかかわらず、公益及び
公の秩序を害する事を目的と

した活動を行い、並びにそれを目的として結社をする事は、

認められない。

(筆者注)まさに戦前の大政翼賛会を彷彿されますね・・・



日本共産党発行のしんぶん赤旗日曜版6月2日号で元

自民党幹事長の古賀誠氏がご自分のお父様が2歳の

時に赤紙で召集されてフィリッピンのレイト島で戦死さ

れた思い出を話す中で、現憲法の平和主義は「世界

遺産」に匹敵すると言われ、そんな憲法を簡単に替え

ることが出来る96条改憲に絶対反対と話されていま

した。そして「離合集散する政党は沢山有り、照る日も

曇る日もあったけど、そのなかでもブレずにやってきた。

私に言わせると自民党と共産党こそが「2大政党」だと

思っている」と最後に仰っていました。



スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

toko0124

Author:toko0124
「TREASURE BOX」命名の由来:森羅万象この自然界・人間社会には美しい現象・風物は数々存在しますが、一方では打ち捨てられ・朽ち果てた風物・人間もまた数多く存在するのも事実です。このブログではそんな朽ち果て・打ち捨てられた事物を、同じように打ち捨てられた社会のゴミのような存在である私が拾い上げてアップしていきます。そんな中からキラッと光る宝物を見つけて頂いたら幸いです。1月4日「DUST PAN」改め「TREASURE BOX」に変更しました。

住まいは大阪北の端島本町に住んでいます、ここは京都を隣に控えているためもあり、いろいろ歴史的な遺跡が多数あります、メタボ克服のため連日デジカメ片手にそんな風景を撮りながら歩いています。また年に数回故郷岩手県の遠野に帰省し、時には民話のふるさと「遠野」の風景もご案内します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。