健康BMI
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPは貧乏人を苦しめる!




環太平洋経済連携協定(TPP)大票田の農協が絶対

反対を主張しているため
自民・民主も今のところはTP

P推進なんて口が裂けても言えません。なわけ口でゴ

ニョ
ゴニョ「日本の不利な交渉なら交渉しない」という

何とも曖昧な口調で反
対とも賛成とも明らかにする事

を避けていますが、選挙後に政権を確保し
たらそんな

約束は何処へやら日本の国土をアメリカに差し出して、

TPPを
交渉推進していくと思います。TPPの一番の目

的は、アメリカ経済の
行き詰まりの打開を日本市場を

ターゲットにして米国の思いのまま
食い尽くそうと言う

アメリカの魂胆なのです。そのためには日本市場を


てアメリカと同じシステムにする事が彼等の目的なの

です。そうなると
終戦後コツコツと曲りなりにも積み上

げてきた日本的な保険制度・医療制度
・自動車関連・

金融・農業等全ての日本社会の独特なシステムが全

てアメ
リカナイズされることになります。これに違反する

ISD条項と言う規定に基づき国際裁判所に提訴され

て莫大
な賠償金を支払う羽目になります。自民党主張

しているように日本に不利
なら辞める!なんて甘っちょ

ろいモンではないのです。アメリカは一切の
例外は認め

ない!全ての関税はゼロ!と言ってます。一度交渉に

入ったら
蟻地獄のように抜け出すことが出来ないので

す。交渉そのものを断固拒否
しか道はないのです。

社会経済学者で京都大学の佐伯啓思教授は12月1日

の朝日新聞で言って
います。「自由貿易が望ましい、とい

う理論は経済学者リカードの国際貿
易理論の比較優位

説がもとになっています。二国間でお互いに生産品を特

化して交易すれば、どちらも得すると。そんな絵に書いた

ような図は現実
にはない。製造業は国境を越えて技術移

転をし、得意分野が国外に移動す
る事もある。むしろ各

国は戦略的に比較優位を作り出そうとしている。一
旦重

要産業を手放したら技術はその国では育たない。農業を

辞めたら復活
は出来ない。農業・工業・サービス業とバラ

ンスが大事。一つに特化する
のはリスクが大きすぎます。

」そして先生は今の経済の停滞の克服には「
国内でお金

が回る構造を生み出したほうが良い。といいます。そのた

めに
は構造改革で弱体化した生活基盤や地方都市・コミ

ュニテイの復興など国
内でやれることは幾らでもある。日

本企業は出来るだけ国内市場を開拓し、
国内投資をする

戦略を持てと言いたい。民間需要がない今のような時期

は、
政府が防災や将来の社会像を目指して公共投資を

進めることも重要です。」
その上で「新自由主義的な競争

システムでやるべきではない。競争主義や成
果主義、金

銭主義から少しずつ撤退すべきです」と言っています。

私も同感です。

私がもう一つマスコミでは殆ど取り上げませんけど、心配

するのは若い頃
外国の銀行に口座を持ったことがりまし

た。ある日海外に行ってどうして
も必要なこと有り、その

口座より幾ばくかの預金をおろしました。そうした
ら帰国

後毎月口座より¥1980-の現金が引かれていました。

問い合せた
ら銀行管理手数料(アメリカの銀行では常識)

と言うそうですが、これは残金が30万円を切ったら自動


的に引かれるそうです、確かに定款を見たらそんな事が

書かれていました。
慌てて解約したのは言うまでもありま

せん。TPPが成立したら多分日本の銀
行も右に習えで同

じようなシステムになると思います。そうなると我が家
のよ

うに毎月残高ゼロの自転車操業の口座はドンドン目減り

していきます。

いよいよ貧乏人は銀行とは無縁の存在になるかも・・・・


スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

toko0124

Author:toko0124
「TREASURE BOX」命名の由来:森羅万象この自然界・人間社会には美しい現象・風物は数々存在しますが、一方では打ち捨てられ・朽ち果てた風物・人間もまた数多く存在するのも事実です。このブログではそんな朽ち果て・打ち捨てられた事物を、同じように打ち捨てられた社会のゴミのような存在である私が拾い上げてアップしていきます。そんな中からキラッと光る宝物を見つけて頂いたら幸いです。1月4日「DUST PAN」改め「TREASURE BOX」に変更しました。

住まいは大阪北の端島本町に住んでいます、ここは京都を隣に控えているためもあり、いろいろ歴史的な遺跡が多数あります、メタボ克服のため連日デジカメ片手にそんな風景を撮りながら歩いています。また年に数回故郷岩手県の遠野に帰省し、時には民話のふるさと「遠野」の風景もご案内します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。