健康BMI
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ヶ月経ちました。

母を亡くした小学校6年生の男の子が殴る様に書いた文字
「週刊現代」6月4日グラビアに掲載された一こま。


thunamibaka.jpg 


早いですね、あれからもう3ヶ月それでも被災地の復興一向に進まず。
被災地はいまだ瓦礫の山、9千余人の被災者が未だ以て避難所暮ら
しを強いられています。これから暑い夏を迎え冷房も無い避難所は益々
悲惨な状況になります。


同じ東北出身者として報道でこんな被災地の惨状を見るに付けボラン
ティアにも参加できず、毎日忸怩たる思いで過ごしています。


そんな私が偉そうな事を言える立場ではありませんが、岩手の知人(地
方議員)は言っていました、「国にはいろいろ要望は伝えているけど、ち
っとも返答が返って来ない」瓦礫も片付けたいけど予算が無い!
本来ならコンナ時こそ政治の力が必要とされているのにそんな被災者そ
っちのけで永田町のドタバタ劇にはホトホト呆れてしまいます。

被災者が詠んだ句です。
「届かない かゆい所と 国の支援」ホンマデスネ!

今日の朝日新聞に大阪大学総長の鷲田清一先生が「いま復興を外から語
る声は、濁流の中で溺れかけている人に橋の上からかける声のように響く。
詩人の和合亮一さんが在る対談の中で「自分は川の中で一緒に溺れない
と何も言えない」と言うジャーナリストの声を引き、それこそ「想像力」であり、
「川で一緒に溺れるのが詩なんです」と語っていた。濁流に入れなくても、濁
流に入り込む想像力は持ちうる、その想像力を鍛えて置くことが、今は必要
だ。濁流の中に飛び込む勇気も想像力も持ち合わせていな私の胸にズシン
!重く響いてきました。

以下被災者の方が詠んだ川柳を何句か・・・・

電気つき 亭主おどろく ノーメイク
(停電が止み奥さんのスッピンが明るみ・・・)

権力の 闘争ばっかで 置き去りか
(政治家の皆さんは被災者より我が身大事ですか・・・)

重機来て~ 銃器じゃないよ 被災地に
(そうです、瓦礫の撤去に銃は要りません!)

冷ややかな 風と視線を 受ける首相
(チットモ進まない被災地の復興に怒号に囲まれた首相がいましたね)

我が薄毛も 放射能のせいに しようかな^^
(この意気で、放射能なんて吹き飛ばしましょう)

ガレキの中 ちぎれて、落ちてる 赤い糸
(この読み人は奥さんを亡くされたそうです)

核の村 来るなとツバメに 伝えたい
(優しいなぁ~)

死者数に 驚かぬ耳 慣れ怖い
(1万5千余人(6月9日現在)の死者、この数字に慣れるのが怖いです)

放射能 今日は何処まで 行ったやら
(放射能どうかここには来ないでくれ!)

蝋燭一本 いっそう深まる 家族の絆
(一本の小さな蝋燭の明かり、額を寄せ合って繋がる絆)


スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

toko0124

Author:toko0124
「TREASURE BOX」命名の由来:森羅万象この自然界・人間社会には美しい現象・風物は数々存在しますが、一方では打ち捨てられ・朽ち果てた風物・人間もまた数多く存在するのも事実です。このブログではそんな朽ち果て・打ち捨てられた事物を、同じように打ち捨てられた社会のゴミのような存在である私が拾い上げてアップしていきます。そんな中からキラッと光る宝物を見つけて頂いたら幸いです。1月4日「DUST PAN」改め「TREASURE BOX」に変更しました。

住まいは大阪北の端島本町に住んでいます、ここは京都を隣に控えているためもあり、いろいろ歴史的な遺跡が多数あります、メタボ克服のため連日デジカメ片手にそんな風景を撮りながら歩いています。また年に数回故郷岩手県の遠野に帰省し、時には民話のふるさと「遠野」の風景もご案内します。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。