健康BMI
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間って素晴らしい!

       極限状態に陥ると人は思いがけない力を発揮して、多くの名も無い
  ヒーローを産みます、本当に人間って素晴らしいですね・・・・・

    下記の記事も大災害が生んだ名も無きヒーローのお話です。
    岩手日報3月19日版 「風土記」より原文のまま紹介します。




     体が吹き飛ばされるような揺れを感じて間もなく、巨大な波が押し寄せて

   来るのが確認できた。釜石市鵜住居町片岸に立つ市営アパート。管理人を

     務めるOさんは住民に避難を呼びかけた後、直ぐ4人で階段を駆け上がった。

  3階までたどりつき、ふと下の目をやると、まだ2階に3人が残っているの が

   見えた。目の不自由な70歳位の男性を、二人の女性介護士が部屋から連れ

     て逃げようとしていた。「危ない、早く上がれ」。懸命の叫びが届いたか届かな

     いうちにアパートは波に襲われ、Oさん等も必死で建物にしがみついた、引き

    波で水位がわずかに下がると介護士の一人が男性を抱えて浮かんでいた。み

    んなで急いで水から引き上げ、なんとか救出できたが、もう一人の介護士は残

    念ながら波にさらわれて姿は無かった。

    Oさん等はその夜、被害を免れた一室で蝋燭の明かりを頼りに水を引くのを待

    った。女性介護士は波にのみ込まれると天井にしがみつき、顔だけが僅かに出

    るほどの空間で息をしながら、水に潜って男性を引っ張り上げ、なんとか助かっ

    たと言う。大津波と言う極限状態の中で、自らの身を顧みず冷たい水に潜り、救

    った人がいた。救おうとして濁流に流された女性がいた。この事をみんなに伝え

    て欲しい。Oさんの言葉が震えた。
      
3月19日版 岩手日報「風土記」より



          今日テレビで被災者が訴えていました。

   「被災地を見物して倒壊した住宅から物を持って行く人がいますが、

   倒壊した家には被災者の思い出の品がたくさん詰まっています、ど

   うか倒壊した家から物を持って行くのは辞めて下さい。」

   全くその通りです、観光気分で被災地を見物するのは辞めましょう!

  
  

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

toko0124

Author:toko0124
「TREASURE BOX」命名の由来:森羅万象この自然界・人間社会には美しい現象・風物は数々存在しますが、一方では打ち捨てられ・朽ち果てた風物・人間もまた数多く存在するのも事実です。このブログではそんな朽ち果て・打ち捨てられた事物を、同じように打ち捨てられた社会のゴミのような存在である私が拾い上げてアップしていきます。そんな中からキラッと光る宝物を見つけて頂いたら幸いです。1月4日「DUST PAN」改め「TREASURE BOX」に変更しました。

住まいは大阪北の端島本町に住んでいます、ここは京都を隣に控えているためもあり、いろいろ歴史的な遺跡が多数あります、メタボ克服のため連日デジカメ片手にそんな風景を撮りながら歩いています。また年に数回故郷岩手県の遠野に帰省し、時には民話のふるさと「遠野」の風景もご案内します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。