健康BMI
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は参議院選挙です!

緊急提言!

政治とは国民から収奪?した税金の使い道を割り振る事だそうです。
今回の参議院選挙でも与党民主党のバラマキ政策で税金が不足して
の穴埋めに現5%の消費税を5%アップで10%にするかどうか問われ
ているようですが・・・(言いだしっぺの民主党が最近では目立たないよう
に隠していますが、実際は既に影では進行中です)余りの評判の悪さに
支持率急降下で菅総理慌てて言い繕いに躍起のようですが、一旦口か
ら出た言葉は口に戻す事は出来ず、今日の報道でもどうも与党民主党
の過半数の確保も難しくなってきたようです。

それにしても地方経済の低迷、派遣社員や時間給社員の増加によるサ
ラリーマン生活困窮化の一方では、大企業役員報酬の高額化で一層広
がる差別の拡大。この解決に与党民主党始め共産党を除く各政党は大
企業への減税の優遇策により、大企業を元気にしてその余力でもってサ
ラリーマンへの待遇改善に資するそうです。

しかし大企業はそんなに元気が無いのか?大企業の内部留保は過去
10年で1.6倍に増えて229兆円に達するそうです(アカハタ日曜版7月
1日号)、「企業は空前の金余り状態にある」そうです。この金余りは本来
なら勤労者・中小企業に回して内需拡大に資するべきですが、実態は株
配当や高額な役員報酬に回ってる事は皆さん報道等でご存知の通りです。

日本の与党は、大河の源流(大企業)を潤せばその水は滔々と流れて豊か
の水流となってやがて下流の民の田畑を潤す。と言うわけ昔から歴代の与
党は大企業への優遇策を執ってきました。確かに日本の経済が終戦直後
の伸び盛り時期でしたら、この政策の効果で一時はサラリーマンの所得も
向上し豊かな生活を享受出来た時期もありましたが、昨今の韓国・中国等
戦前は発展途上国と言われた国々の工業の発展に伴って競争が激化して
くると、大企業も形振り構っていられなくなり、生産拠点を人件費の安い東
南アジアの国々に移転して、国内の雇用体系も時の与党政権に圧力をか
けて解雇自由の派遣労働の自由化を推進させ、人件費のコストを削減し
て来ました。結局のこの事は多くのサラリーマンの困窮を招きました。

右にも左にも偏向せず不偏不党と言う言葉がありますが、実際の所このよ
うな事は在り得ません。現世の世の中富める者と者と貧する者と二極に分割
されます。例えば年収8億円の収入の人と年収4百万の人と平等に考えら
れますか?実態は年収4百万の人が絶対多数者なのです。この絶対多数
者の為の政策を考える事が結局は年収8億円の人にも役に立つことになる
のですが、逆は絶対に在り得ないのです。然るに現与党民主党政権及び
自民党は平等の美名の下で一緒くたの政策を考えているから、どうしても
声無き民衆・絶対多数者が割りを食う嵌めになります。

そんな事で、私は政治とは絶対多数者の幸せを目指すべきだと思いますが、
昨今の政治はどうも絶対少数者の大企業を向いているような気がしてなりま
せん。国を豊かにするためには絶対多数者の国民を潤し、購買力をつけさせ
る事が一番だと思います。

ところが最近の政治家ときたら自分の生き残りを掛けて右往左往、主義主張
も右顧左眄。自民党・民主党も消費税の引き上げ・大企業への減税と絶対多
数者の生活を直撃する政策に終始、この何処に違いがあるのだろう?基本的
な政策は殆ど違いが無いようです。このように各政党共に付いたり離れたり、
雨後の筍のようにいろんな政党が出来たり消えたり。昔某政治家が言っていま
したが政治家と言うより政治屋と言う稼業に成り下がっているようです。

投票するに際しては自分がどちらの層に属するのか、しっかりと確認した上で、
どの政党が自分の利益になるのか良く考えて投票しましょう!

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

toko0124

Author:toko0124
「TREASURE BOX」命名の由来:森羅万象この自然界・人間社会には美しい現象・風物は数々存在しますが、一方では打ち捨てられ・朽ち果てた風物・人間もまた数多く存在するのも事実です。このブログではそんな朽ち果て・打ち捨てられた事物を、同じように打ち捨てられた社会のゴミのような存在である私が拾い上げてアップしていきます。そんな中からキラッと光る宝物を見つけて頂いたら幸いです。1月4日「DUST PAN」改め「TREASURE BOX」に変更しました。

住まいは大阪北の端島本町に住んでいます、ここは京都を隣に控えているためもあり、いろいろ歴史的な遺跡が多数あります、メタボ克服のため連日デジカメ片手にそんな風景を撮りながら歩いています。また年に数回故郷岩手県の遠野に帰省し、時には民話のふるさと「遠野」の風景もご案内します。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。